📕 日記

2021-11-04 13:12:00

- 早とちり

あ”ーーー、また変なメールを送ってしまってたようですw うとうとしながら受信したメール「4日」という日にちだけが目に留まり、4日?空いてる、大丈夫ですよ~♪と前後の内容を理解せずにソッコーで返信!!昨日は4日のご予約をお断りして申し訳なかったな~とここ数日のメールを読み返していたら・・・おい!お前!!ゲッ!!!


リピータ社長へは勘違いしてましたメールを、昨日お断りしたイケメンお父さんには「今日大丈夫です、来られます?」と素知らぬ声で告げると「いく、いく、遅くなってもいい?」いつもと変わらない優しい口調でお受けいただけました。そんな難解なメール文じゃないのに、ちゃんと何度も読み返さないといけませんね。


え~さて、こんなことを繰り返し反省しているかと思いきや、良く口にする「早とちり」という語源が気になって気になって仕方ないんですね。早速、手許の辞書やネットで調べてみました。早とちりの「とちり」は舞台・演劇用語だったんですね。『栃の実から作る栃麺の様子のせわしなさから、「慌てる」「うろたえる」といった意味を表す「とちめく」という言葉ができ、それがやがて現在の「とちる」に変化していったようです。』とありました。


ふぅ~、言葉の成り立ちって面白いですね、意味が解るとなんかスッキリしました。そや、今度は50箱くらい輸入しとかなあかんかな、もうこの前の無いしと知り合いに告げると「なんでもうないの?はけすぎちゃう?意味分かんない!!」ともやもやしてはりますけど「二箱ちょうだい」って、無くなるのお前のせいや!!50箱いけるかな?
W2560Q75_AdobeStock_87501533.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止