📕 日記

2021-11-29 09:39:00

- 解行双修

叡山学院という天台宗の教育機関では、宗祖伝教大師の遺された精神を基盤とし、立教開宗の本旨に則った学問と修行を共に学び行う「解行双修(げぎょうそうしゅう)」を教育理念としています-天台ジャーナル第143号より おめー、経ばかり読んでんじゃねーよ、山でも歩いてこい!って事でしょうか?www現代風に言ったら、もっと冒険しろよ!ですねwww


比叡山で修行する規則を定めた式を山家学生式と言い、冒頭「国寶何物」=(国の宝とは何んぞ)からいきなり始まります。現代語訳も出版されており一通り読んでみたのですが、それはそれでなかなか興味深い内容です。比叡山の僧侶は山の中にいてますのではんなりなんかしてられません。物静かな方が多いように思いますが中身は勇ましいようにも思います。ようは体育会系ですねwww


解行双修とは、学問と行をしっかりやって国の宝になりなさいというところでしょうか。道をまっすぐ歩こうと思ってもどちらかに偏っているとぶつかり倒れてしまうと思うのです。そんな時は立ち止まって姿勢を正したらいいと思いますよ。どうぞ、格好いトレジャーハンターになって『宝』を見つけてください。

またお待ちしています。カラダは出来上がっているので、安っぽいプライドは要らんでwww捨てなはれ!!

W1024Q75_AdobeStock_188708337.jpeg

 

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止