📕 日記

2021-12-05 21:51:00

- 本日もありがとうございました。

欧米君とは対照的だった、ちょっと強引で、ちょっとワガママで、同じ時代を生きている男前お父さんw まだ引っ張ってますwww 何を見て、何を感じて、何に感動して生きてきたんだろうと不思議な感覚に陥りながら外を眺めていると、目の前にはクリスマスイルミネーションとゴルフ場の常夜灯が目に飛び込んできました。対照的な光のオブジェが漆黒の闇に映し出されていました。

大昔です、大通りのイルミネーションが綺麗だからと連れて行かれた時「あ~あなたは東京だからこういう景色は珍しくないですね。ここでは連日大勢の人達が見に来るんですよ」、今はこの僅かな光にさえ、綺麗だな~と思えるようになりました。谷の向こうの1灯の明かり、賑やかなイルミネーションより遥かに美しいです。都会ではこの感動が希薄になってしまいます。

綺麗なモノを綺麗と云える、美しいモノを美しいと云える、そんな表面的、内面的な美意識を表現できるこの場所から、人の心に映し出される「あなた」が本当の姿だとは限らないのです。この二枚の画像、どちらも私が見て感動したものとは異なります。これのどこが綺麗なんだろうとつくづく感心してしまいます。不思議でしょう?

 

あなたがこれから先どう映し出されるか、それは誰にも分かりません。

 

これは、人を「好きになる」「愛する」「惚れる」、人から「好かれる」「愛される」「惚れられる」と同じ理屈なんでしょうね。
"Where there is love there is life." –Mahatma Gandhi  
"愛がある所に人生はある。" -マハトマ・ガンジー

W1024Q80_IMG_1944.jpg
W1024Q80_IMG_1946.jpg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止