📕 日記

2022-02-04 12:37:00

- 魅力

ふ~朝からバタバタとこなしていますけど送迎が無いのでラクチンです京都です。ガソリンを入れに御室のスタンドに行きました。御室大内・御室仁和寺の裏には京都聾学校があります。聴覚にハンディのある子供達が通っている学校なのですが、昨年、その学校の前で道路工事が行われていました。今日気が付いたのですが、その工事区間だけ綺麗に舗装工事が完了しており、路肩もきちんとされていました。

 

その学校の脇を登って行くと宇多天皇 大内山陵へと続きます。先日写真をアップした大内(おおうち)山です。その道は、でこぼこだらけ、陥没している部分もあり走行するには難易度がまあまあ高い峠越えの道なのですが、いつまで経っても補修はされませんwww 時折、事故を誘発しそうなほど陥没していると応急的にアスファルトを埋める程度で根本的な補修工事はするつもりは感じられません。気を付けて通りや!というあんばいですw


この対極な対応に「京都の魅力」を改めて感じています。お越しになられる方々から京都行政について話を伺う機会があるのですが、感想としては、京都は福祉に力をいれているんだなということです。山の麓のこんな場所にこれだけの予算を割く余裕が今の京都にはあるのだろうかと思うのですが、それ以外にも、高齢者や要介護者への保障なども他の自治体には無い独自の対応をされていると聞いています。

「京都の魅力」というと言わずもがなですが、私の中の京都の魅力はこういうところにあります。「強い衝撃を感知しました!」「録画を停止しました!」と車載ドライブレコーダーが大騒ぎするほどでこぼこ道があちこちにありますが、社会的弱者の立場にある京都行政。でこぼこ道が誇らしくもあります。もしもでこぼこ道に遭遇したら、どこかで安全に快適に道路を利用している人達がいるんだと思ってください。優しい気持ちになれると思います。知らんけどwww

綺麗に舗装された交通量の極めて少ない道路に対して文句を言う人がいないもの京都の魅力ですね。本日、お車でお越しの皆様、バス通りはでこぼこです。お気をつけてお越しください。w

W1440Q75_AdobeStock_249728806.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止