📕 日記

2022-03-06 05:14:00

- 国鳥

昨夜は珍しく寝落ちをしてしまいました京都です。日の出前ですが雪が降ってます!Incredible Japan!! 突然ですが、日本の国鳥をご存じでしょうか?(国鳥とは、その国のシンボルとして国家で定められたものや、慣習や日本のように国家非公式に選出され国鳥扱いにされているものを指します。)日本では「キジ」が国鳥として野鳥協会から選出されたそうです。トキやタンチョウヅルを想像してしまいますがキジだったとは。

確かに、日本のことわざや民話などにも多く登場するキジ、その物語の多くはキジの特性になぞらえて日本的なものが多いようにも思います。鶴だとばかり思っていたので意外でした。意外だったといえば、昨日お越しいただいたイケメン君、新婚さんだと聞いてびっくりしてしまいましたw 赤ちゃんを連れて登場したリピータ様くらい単純に喜んでしまいました。いろいろなスタイルがあります。いろいろな人生があります。

タンチョウヅルは本来渡り鳥ですが、オホーツクでは一年を通して優雅な舞姿が見られるそうなのですが、渡りをやめて留まるタンチョウヅルのような鳥を留鳥というそうです。余程、居心地がいいんでしょうね。昨日は、西から東からと遠方よりご足労いただきました。施術が終わったらとんぼ返り、なんとも恐縮してしまいますが「ここに来るだけの価値はあります」と仰ってくださったリピータ様。ありがとうございました。

W1024Q75_AdobeStock_210255174.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止