📕 日記

2022-03-06 23:05:00

- TypeWriter

はじめてタイプライターと出会ったのは中学校の頃でした。映画の影響でしたが『これからはこれや!』と子どもながらに真剣に思い、やっとの思いで手にしてパチパチ始めたのを思い出してしまいましたw 遠い遠い遥か昔の出来事です。勉強に役立てようとか何かを書き残そうとかそんな高尚な目的ではありません。ただこの指を動かし文字を弾き出す、それもアルファベットで、その単純な機械的な動作に未来を見ていました。

50年、100年後、今よりもっと世の中は進歩しているのかもしれませんし、退歩しているのかもしれません。もうすでにその兆しは見えて来ているように思います。いづれ人間は言葉を必要としないコミュニケーションを手に入れるんだと思います。地球上の人間は大気の振動を利用した聴覚が発達していますが、大気の無い宇宙空間では「音」は伝わりません。遠ざかる相手にいくら声をかけて呼び止めても気が付かず去っていきます。

想像しただけでも虚無でしかありません。今の様に感情が行き交う世界は、手の平、指先だけになってしまうのかもしれないです。残念なことにロシアという国は、人間が道具や火を使い始めた原始時代の頃より培われてきた「情報」へのアクセスをブロックしてしまっているようです。
え~さて、明日はピチピチwww な20代君達が続きます。彼らの生きる50年後の世界はどんな世界なのでしょうか?世界人口はぐんと減り、新たなプラネットで開発が進められているかもしれませんね。

W1024Q75_AdobeStock_304828095.jpeg
京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止