📕 日記

2022-03-08 20:04:00

- 本日もありがとうございました。

昨日、今日と大阪に遠征しておりました京都です。この一ヶ月近く首、肩、腕の痛みから指先がしびれるというケチなご友人、挙句の果てにはメンタルが崩壊していましたwww この現象は周回軌道を周回する宇宙ゴミのようなものなので、毎回完全放置しております。昨日、最接近と同時にこちらの引力で吹き飛ばし元の安定軌道に戻りました。時同じくして、「頸椎」というキーワードで検索していたばかりだったので、確信をもってご友人に『日本脊髄外科学会』のサイトの内容を伝えてもケチなご友人は全く信用しませんwww

ところが、本日、80歳代の外科の大先生と話す機会があり、ついでに首の話をしたらタダで診察してもらったねんと、大層なお喜びようでございました。で、その大先生の見立ては「頸椎」だと断定されたそうです。当のケチなご友人も大先生からのアドバイスは素直に聞き、ネットで調べていろいろと情報を得たのでしょう。昨日とは打って変わって頭上からマウントしてくる有り様ですwww 治療方法を聞くと、保存的療法という、所謂、放置プレイみたいなものでしょうか? 好きですね~www

解っているようで解っていなかったこの「痛み」という痛覚に対して、正しく知る必要があると思い、あれこれ調べてみました。結論からいうと脊椎動物であれば程度の差こそあれど『侵害受容』という危険を回避するための痛覚が備わっているんだそうです。お~ここに行きついてしまいましたか、これから先は、読んだことはありませんけど、古代インドの古典医学書『チャラカ・サンヒター』まで突き進むこととなってしまいます。

W1024Q75_AdobeStock_306941252.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止