📕 日記

2022-03-09 03:39:00

- 古代サンスクリット語

を読破するには到底時間がありませんので、日本の大学のデータベースへアクセスしてみました。ありました!!「痛覚」痛みの仕組みは理解できそうなんですけど、じゃ~根本的にどうすればいいのかとなると「痛いの痛いの飛んでけ~」という幼児をなだめすかすおまじないしかなさそうですねwww 


人類の永遠のテーマのひとつ「痛いのとの闘い」古代エジプトの女神イシスは太陽神ラーの頭痛を治す為に薬草を用いていたということが、墓の中にその痕跡やパピルスに記録されているんだそうです。びっくりしたのは、ハエの糞のペーストに薬草を練り込んで泣く子を黙らせていたそうです。


そりゃ~そんなの舐めさせられた泣いてる子は大人しくなりますよね…この泣く子を黙らせる奥義は、古代エジプト、インド、ヨーロッパでは母親がハエの糞を乳首に塗って大人しくさせていたそうですwww 神様ですら克服できなかった痛み、あきらめましょうwww

大学病院医療情報ネットワーク

MSDマニュアル 侵害受容性疼痛


W1024Q75_AdobeStock_94274945.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止