📕 日記

2022-04-04 09:49:00

- 耳管ストレッチ

おはようございます、連日の様に療養温泉で悪い所を炙り出しております桜が見事な京都です。さてさて、鼓膜の奥の空間(鼓室)内の圧力調整が上手く機能していないんじゃないのそれ?という症状が発生しておりましたけど、ざくっと耳のことについて調べてみましたら、鼻を通して耳へ空気を送り込めばええやん!ということに辿り着きまして、これは登山や飛行機に乗った時によくやるあれです!

『耳抜き』鼻をつまんで、口から吸った空気を耳に送り込むテクですねwww これなら、病院の先生の手を煩わせることもありませんし、簡単にできます。実際にやってみたら見事に抜けましたw 今は絶好調です! ご友人は「すげーな、野生児やなー」と、数時間で驚異的な回復力を成し得る様にキョトンとしてはります。

アーユルヴェーダにも耳にオイルを流し込む治療法があります。西洋医学にも「ルゴールジェル」という薬液を耳管に注入する治療法があります。おんなしですねw 実は、これもそれも、昔の人達は普通にやっていたことばかりなのですが、現代医療や薬に慣れてしてしまっている現代人が忘れてしまっている、自然・民間療法です。

興味深いことに、パンチャカルマ・アビヤンガでは足のかかとを丁寧なほどマッサージします。普段、かかとなどというものは「Oh!YaY!!」とか興奮を焚き付けるような部位ではありませんし、施術も飛ばしてしまうような部位です。

ところが、この「かかと」とても重要な部位としてアーユルヴェーダでは考えられており、健康な時から丁寧にマッサージをすることは重要だと考えれています。かかとに異常が現れるとほぼ歩行困難になります。その苦労は想像を絶します。

鳥達のさえずりが聴こえる喜びを嚙みしめながら、本日お越しの男前バルクさんの準備をしています。全身マッシブは圧巻ですwww

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止