📕 日記

2022-04-13 06:20:00

- 頭陀

頭陀袋の修理が終わってこれから朝の日課に出かけようと思います京都です。木々の新芽がぐんぐんと成長しています。秋にはバサッと全ての葉っぱを落とし春にはまた新しい芽を吹く木々ですけど、自分の身の丈を知っているのか、成木は極端に成長をすることはないようです。

頭陀、衣食住の欲を払い除け修行に励む修行僧のことで、施しを入れて持ち歩く袋が頭陀袋。びっくりするほど沢山物が入りますし、丈夫なモノは何年も使い続けられます。今使っている頭陀袋も10年選手です。なかなかいい仕事をしてくれていますw

20代の頃です。人並みにブランド品に囲まれて生活していた時、買い求める生き方に息苦しささえ感じた時、そして、それらを手放そうと考えた時に妙な虚無が襲ってきました。それは自信の無い中身の無い裸を晒す様な恥ずかしさと何も無い自分への恐れのようでした。

ところが、いったん手放してみると素晴らしい世界が待っていましたwww それこそ”What a Wonderful World” 大木ともなると何百年、何千年と年輪を刻み立派に成長していきます。慣れない手縫い作業でしたけど、袋が蘇りました。

W1024Q85_CD495E8C-5079-4B6B-AF3B-007ED8E274B2.jpeg

男性専用アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止