📕 日記

2022-06-01 17:19:00

- 花と苔をもらいました

今日は朝から大津にある生花の先生の店でお手伝いをしていました。相変わらずお元気な先生の動きについていけず、花屋さんの重労働を身をもって体験してきました。それにしても、次から次へとお客様が花を求めて買いにきはります。とても不思議なお店です。

代々、花の家系。知る限りでは江戸末期より比叡山延暦寺の諸堂の仏花をお供えしていたと聞いています。大繫盛にあやかろうなどと邪な考えはないのですが、ここに来ると必ずご予約をいただきます。今日も立て続けにご予約が入り驚いてしまいましたw

帰り際に横浜サロン用の花、緑を持って行きなさいということで、比叡の杉苔を分けてもらいました。延暦寺を譬えて『論湿寒貧』という言葉があります。往時の比叡山での修行風景を言い表したもので、仏法を論じ、夏の湿気、冬の極寒に耐え、慎ましやかな生活に徹する。

そんな生活するには厳しい環境でしっかりと根を下ろし、この時期、ひっそりと木立の地面に生える杉苔を眺めながら、まだ朝露の残る時間に杉苔を踏まないように下駄で山中を歩き回ると、ひんやりとした空気がとても心地好く、凛とした気持ちになれます。

そんな比叡の杉苔を、週末、新幹線で横浜の地に届けたいと思いますwww

W1024Q85_IMG_3314.jpg

男性専用アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止