📕 日記

2022-06-24 17:56:00

- まったり(Gion Matsuri in Kyoto)

京都観光に『2022年は山鉾巡行と神輿渡御が、3年ぶりに執り行われます。』とありました。千百年余の伝統を有し、毎年7月1日の「吉符入り」から31日の疫神社「夏越祓」まで1カ月に渡る神事が今年も京都に夏を告げます。京都八坂神社のお祭り祇園祭は、疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)が始まりです。(引用:KYOTOdesign)

今年の京都の夏は活気が戻ってきそうです。一ヶ月間にも及ぶ夏祭り、数多くの山鉾はそのいわれを知るだけでも大変興味深いものがあります。山鉾の胴懸に用いる織物の中にはシルクロードを経て今に至る物もあるそうで、それらを見るだけでも価値のあるイベントなのかもしれません。

そうは言っても、大勢の人が繰り出す場へはなかなか足が向かない私は、遠くから聞こえるお囃子の音に耳を傾けながら、夏のひと時を過ごせればと思うのですが、京都原谷にはお囃子は届きませんw 聞こえてくるのはミンミンジーという蝉の鳴き声だけですw

先日お越しになられたクライアント様からこんな質問をされました「良俊さんが疲れた時の息抜き、リラックス方法はなんですか?」と。返答は、これです!施術です。人に触れていることで心が安らぎます。受け手が深い寛ぎ状態に入ると同調してしまいますw

ただこれも皆さん同じかというと、極めて限定的です。ある方は横になるなり寝入ってしまい、寝たか?と思って声かけると返事をしながら💤寝ていますw そんな寝たり起きたりの様子を伺いながら施術をしているのですが、こちらも寝ていますwww

寝乍ら施術?と思われるかもしれませんが、寝ていますw 気が付いたら「うぉ、やべ!」と時間をも忘れて毎回長丁場でその方はぐったりですwwwえ~そんな感じで勝手に癒されている訳ですけれども、今日はのんびりと週末を迎えられそうで、

京都独特の蒸し暑さを堪能しております。どうぞ、良い週末をお迎えください。

Gion Matsuri is Kyoto’s largest festival which takes place throughout the month of July by the Yasaka Shrine. Although it is named after the Gion district, the main events take place on the opposite side of Kamo River. There are two main parades called the Yamaboko Junko, which occur in mid to late July. On nights leading up to the parade (yoiyama), Kyoto’s downtown area is reserved for pedestrian traffic. The streets are filled with energetic food stands, drink vendors and festival games.

The processions of floats (Hoko and Yama) take place between 9:00 and 11.30. Groups of people collectively carry these heavy floats which are elaborately furnished with beautiful tapestries from Nishijin. Yama floats weigh up to 1,600kg and Hoko floats weigh up to 12,000kg and starts from Shijo-Karasuma or Karasuma-Oike. If you go, make sure to wear a yukata!

Have a sweet week-end!! bon voyage!!
W1024Q80_AdobeStock_88475260.jpeg

男性専用アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止