📕 日記

2022-09-21 12:44:00

横浜元町チャーミングセール

台風一過、昨夜は冷え込んでて明け方5時まで起きてました横浜元町代官坂です。2時間ほど爆睡して秋の大掃除をしています。年末年始の大掃除ができませんので、いつもこの時期から初めていきます。そんな心地好い秋風の吹くなか、下の商店街ではチャーミングセール開催だそうです。

横浜元町ショッピングストリートのチャーミングセールは年2回?催される横浜でも有名な歴史あるセールなんだそうです。ネーミングセンスがいいですよね。チャーミングセールを知っていれば、ダニエル家具さんのスタンドが安く手に入ったかも知れません。くそっw

え~さて、京都もかなり男前さんが多いように思っていたのですが、横浜は更に上を行っているように思います。何が違うんでしょうね、興味津々で「男前やな~」と通りすがりにじっと見ていると、会釈されたり合掌されたり・・・夏前に三崎まで足を延ばした時に、

食事をするところで、一瞬「誰やオマエ?」みたいな空気が流れましたけどw ã€ŒåŠã•ã‚“や、こっち来てもらい」と地元の方々がわざわざ席を用意してくれました。特別、目立つ格好をしていたわけではないのですが、分かる人達には分かるのでしょうか?w

まああれです、新調した下駄を履いて、城ケ島の岩場をゲタゲタいわせながら歩いていたら「ヤバいヤツ」認定されてしまいますよね。良い所でしたよ城ケ島。

phonto (55).jpg
京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止

2022-09-20 22:24:00

最強ハーブオイル

「陰きわまりて陽生ず」(引用:中国宋代禅僧・宏智正覚)、結果ばかりを気にするより今を生きよう、まるでミュージカル・アニーのTomorrowみたいですね。"The sun will come out tomorrow Bet your bottom dollar that tomorrow there'll be sun

このアニーには結構はまり、tomorrowは丸暗記してしまいましたw え~さて、本日のVIP様、限られた時間の中で、如何にしてハーブオイルの効果を引き出すか、出来るだけ施術後の「だるさ」を出させない為にも、今回はうつ伏せの姿勢を外して、座位から初めてみました。

本来のアビヤンガマッサージは、座ったままの姿勢から始まるのですが多くのサロンではうつ伏せを取り入れています。どちらも楽だというのがありますし、座位でのオイル塗布は難しいのが理由だと思います。ところが、この座位でも施術している最中に、え~寝落ち?はじめてですw

余程疲れているのでしょう、やっぱり今日はハーブオイルを頭のてっぺんからつま先まで正解でした。そろそろ終わりですよ~という時に、いつもとは違う身体の変化に気が付かれ、それがこのオイルの効果ですと説明をさせていただきました。

最強ハーブオイル、身体の中から細胞一つひとつが元気になるのを実感していただけたと思います。いろんな意味でアーユルヴェーダの世界が広がった一日でした。ありがとうございました。また無理してでもお越しをお待ちしておりますw

Image: Ayurvedic Ashwagandha Oil - helps in strengthening nerves and muscles
アシュワガンダオイル:神経系と筋肉に最強のハーブオイル、Incredible INDIA
W1024Q100_AdobeStock_326346216.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止

2022-09-19 18:56:00

Dinosaur

今日は台風の影響もあってか、珍しく誰も来ない日になりそうな横浜元町から壮大なロマンにふけっています。一個前で鳥達の驚くべき特殊視覚能力について懇切丁寧な、それを読んだらあなたも知識人です。という内容を書いている時に、いつもの謎が沸々と湧き上がってきました。

ちょっとしたはずみで頭の中をグルグルと巡ってしまい壮大な空想ロマンに発展してしまう「恐竜絶滅」について、一緒に読み解いてみたいと思います。人間が登場する遥か昔、太古のに地球には恐竜という大型生物がこの地球上にはいたらしいです。

どのくらいの数の生物が生息していたのか、今とは地形が異なりますので現代の様な感覚で生息数を考えるのは間違いなのかもしれませんが、相当数の生物が地球を闊歩していたのだと思うのですが、忽然とその姿を消してしまいました。

地球上だけでなく海中からも姿を消してしまいました。ところが数億年前の生きた化石といわれるシーラカンスみたいなのが今世紀になって出現、あれ?絶滅したんとちゃうん?絶滅後、人類誕生?キリンや象、孔雀や火の鳥、牛、馬、羊、カマキリにトカゲ、ヤモリ達はいつ出てきたん?

既に地上には生物が居たのに、どこから我々が生まれたのか?僅かな四つ足哺乳類が生き延びたという人がいますが、え?え? もう、大きくし過ぎた恐竜で大失敗した宇宙人がUFOに乗せて持ってきたことにした方が簡単とちゃう?

明日は、横浜でお世話になっている社長がお越しになります。久しぶりですね、いろいろ謎解きをしたいと思います。

W1024Q100_AdobeStock_308372313.jpeg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止

2022-09-19 17:45:00

カラス

今日はカラス達が居ません、一昨日は目の前の木々を止まり木にしてなにやらざわついていました。カラスがざわつくと何か起こりますが、彼らは何を敏感に感じ取っているのでしょうか、不思議ですよね。実は、カラスというか鳥は素晴らしい視覚能力の持ち主だったのです。

渡り鳥は迷うことなく目的地に飛来します。数千キロにも及ぶ距離を地図もナビも無く正確に毎年同じ場所に降り立つことができます。この特殊な能力には人間には無い秘密が隠されていました。人間は、3種類の光受容錐体細胞を目のなかに持っていますが、鳥は4種類です。

人間は、赤・青・緑をブレンドして色を認識しますが、鳥はこれに紫外線がプラスされ、更に彼らは磁界も見ています。彼らには特殊な中心窩(ちゅうしんか)という機能が備わっています。これは遠くのものに焦点を当てながら近くのものを詳細にとらえることが出来る能力です。

下の画像の星を見ながら文字を読んでみてください。読めました?なかなか読めないと思うのですが、彼らはこれがクリアに認識できるというので驚きです。横に目があるのになんで真っすぐ飛べるんやこいつらという疑問はこれで解決できました。地球の磁場の異常を検知する鳥達。

人間には無い視覚、それが紫外線と磁場の可視機能です。もうここまで来るとSFチックですね。高度な飛行技術を身に付けた鳥達、進化論でいうと海から這い出てきた生き物が空を飛ぶようになり、超高感度レンズを手に入れ、地球マントル管制塔と交信をしてしまう、カラス。

この画僧の星をご覧ください(片目でも両目でも)下の文字が読めますか?読みにくいと思います。これが中心窩です。カラス達は読めちゃうらしいです。仲良くなりたいですね~カラスとw

phonto (54).jpg

京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止


2022-09-18 20:44:00

本日もありがとうございました。

台風が通過する地域の皆様、影響が大きくなりつつあり案じております。どうぞ、身の安全を第一にお過ごしください。横浜元町は時折打ち付けるような雨が降っておりましたが、クライアント様が、来られる時、帰られる時は雨も一休みしてくれて濡れることもなく、まあまあホットしました。

そんな本日の方々は皆様、元町近隣の方々ばかり。超がつくほどの真面目な方々ばかりにお越しいただきましたw 内心、土砂降りやし来るの難しいんとちゃうやろかと午前中の早い時間に状況確認のメールを出そうか考えましたが、無理な場合は来なくても良いですよ~という気構えでおりましたら、

お約束の時間通りにお越しになりました。今日お越しになった方々の共通点は「家族想い」な方々ばかりでした。父母恩重経という儒教的な教えが強い経典があります。大恩十種を説き、報恩を勧める中国の偽経ではありますが、親へ報いる教えは今の時代には必要なのではないでしょうか。

まこと尊いお姿の方々ばかりでした。

かの聖徳太子も「篤く三宝(佛・法・僧)を敬いなさい」と言い残しておりますが、三つの宝は他でもありません貴方自身でもあると、私はそう思います。いや~今日は中途半端過ぎました。もし次回お越しいただきましたら、最後までお付き合いください。ありがとうございました。

With either you run the day or the day runs you, お任せくださりませw

W1024Q100_AdobeStock_283217173.jpeg
京都アーユルヴェーダ
ルードラ・アロジアム・ジャパン
無断転用・転載禁止

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...